トップ > 会社案内 > 会社概要・沿革

会社概要・沿革

会社概要

社 名 株式会社テクノスマート (英文表記 Techno Smart Corp.)
創 業 1912年6月15日
資本金 19億5,393万円
代表者 代表取締役社長 柳井 正巳
住 所 〒541-0056 
大阪市中央区久太郎町2丁目5-28
久太郎町恒和ビル2階
Tel 06-6253-7200(代)
Fax 06-6253-7222
従業員数 253名(2019年3月末時点)
株 式 東証2部上場   証券コード6246
事業内容 リチウムイオン電池電極製造装置
液晶ディスプレイ用偏光膜製造装置
他各種フィルム製造装置
コーティング・ラミネーティング用精密機械の設計製造
営業品目

液晶関連フィルム製造装置
キャストフィルム製膜装置
磁性材用塗工装置
電池関連製造装置
セラミックシート製造装置
炭素繊維およびセラミック熱処理装置
印刷用高速乾燥装置および脱臭装置
直燃式・触媒式・蓄熱式脱臭装置

売上高

142億円(2018年3月実績)

108億円(2017年3月実績)

88億円(2016年3月実績)

102億円(2015年3月実績)

99億円(2014年3月実績)

事業所 東京支店(東京都中央区)
〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1丁目8-3
郵船茅場町ビル6階
Tel 03-5652-8611(代)
Fax 03-5652-8614
工場 滋賀工場(滋賀県野洲市)
〒520-2313
滋賀県野洲市大篠原3200番地
Tel 077-587-2022(代)
Fax 077-588-0531

会社沿革

1912年6月 井上昌二が大阪市北区与力町において井上鉄工所を創設
1929年5月 我が国において最初にエロフィンチューブの製法を完成、特許取得
1936年1月 合資会社を株式会社に改組。資本金15万円全額払込済のうえ、井上昌二が代表取締役社長に就任
1961年6月 創業50周年を迎え、初代社長井上昌二が社長を退き、会長に就任し、井上忠義が代表取締役社長に就任
1962年5月 東京都千代田区に東京出張所を開設
1964年1月 大阪証券取引所第2部市場に株式を上場
1964年6月 滋賀工場を滋賀県野洲郡野洲町に建設、その第一期工事を完成
1968年11月 米国オーバリー社とオフ輪用フローティング乾燥機につき技術提携
1970年5月 ノルウェー・アルフセン社製紙用フェルトの乾燥熱処理技術につき技術提携
1971年3月 スイス・バックオーフェン・マイヤー社と紙・フィルムの貼合塗工装置につき技術提携
1971年8月 滋賀工場の第2期増設工事が完了
1976年9月 米国TEC社と技術提携
1983年6月 2次電池用電極板製造装置に参入
1984年6月 ウルトラダイコーターを開発
1986年3月 エアーキャンおよびエアーキャンドライを開発
1989年1月 カセットチェンジコーターを開発
1991年3月 ラボコーターを開発
1992年8月 イナートガス塗工乾燥テストプラント完成
1993年8月 UTコーター開発
1999年5月 両面ダイコーター特許取得
2000年12月 神田喜代蔵が代表取締役社長に就任
2002年9月 東京支店を中央区日本橋茅場町に移転
2003年11月 技術部、資材部を滋賀工場に集約
2004年7月 本社を大阪市中央区久太郎町に移転
2005年1月 ナノコーターの登録商標取得
2006年3月 デジタルコーター開発
2006年8月 クリーンパイロットコーター開発
2007年6月 髙橋進が代表取締役社長に就任
2007年9月 クリーン組立工場が完成
2008年6月 仏国DMT社、丸紅テクノシステム社と同時2軸延伸装置で業務提携
2010年4月 スマートラボ開発
2010年5月 ISO9001及びISO14001を認証取得
2012年6月 創業100周年を迎える
2012年10月 株式会社テクノスマートに社名を変更
2013年3月 CB塗工用バルブの特許取得
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物株市場が統合
2015年9月 高速バットスプライスの特許取得
2016年12月 両面高速ナノコーターの開発
2018年3月 LiB端部絶縁層塗工用ダイの開発
 

このページの先頭へ戻る